IoTマーケティングのDX戦略

常に業界の先陣を切りつつ新たなイノベーションに取り組み続けています。

IoT機器の普及によりこの10年でIT技術はさらに加速し、生活者にも拡大浸透していきました。中でもIoTマーケティングはパソコンの再生化にいち早く取り組み、個人はもちろん法人においても環境を考慮して積極的に取り組んできました。

私たちはさらに加速し、変化に追いつけていない個人や法人を引き続きサポートしつつ今後はサービスのパッケージを提供するのではなく、個別に企業ごとの経営戦略に応じたIoT利活用を通じ、多面的に変革対応してまいります。

既存のレガシーシステムの延長では企業の成長に限界が見えている中で、いかに早くDX戦略を立て、損失を最小化させるかを考えることが当社とって重要と考えます。

IoTマーケティングのビジョン

年間16万件のサポート実績を活かし、企業の課題解決のコンサルティングから機器選定、企業課題を解決するクラウドアプリケ

私たちは再生化パソコンはもちろん、様々なIoT機器やクラウドアプリケーションの導入支援を行います。

年間16万件のサポート実績を活かし、企業の課題解決のコンサルティングから機器選定、企業課題を解決するクラウドアプリケーションを提供し、2030年までに大阪府の法人1%(2,000社)の改善を目指します。

サステナビリティビジョン

「すべての生活者に新たな体験価値を!」という理念には、持続的な幸せを当社が提供し続ける、という意思を込めております。私たちIoTマーケティングは、人と地球がいつまでも共存し続けることができる社会の実現に向けて、IoT業界をリードする企業としての責任を果たしてまいります。

重要課題(戦略マテリアルイシュー)

当社では、生活者や事業体にとっての重要性、日本PCサービスグループとしての重要性、2つの軸で取り組むべき課題を分類し、優先順位をつけることで8つの重要課題(戦略マテリアルイシュー)を特定しています。

STEP1:課題の認識/社会課題の抽出

外部有識者の意見などを参考に、社会環境における課題を抽出

STEP2:重要性の分析/生活者や事業体にとっての重要性

STEP1で抽出した課題について、「生活者や事業体にとっての重要性と考えるべき課題」「日本PCサービスグループが持続的成長のために重要と考える課題」の2軸で重要度を分析

STEP3:重要課題の特定/取り組むべき重要課題の特定

STEP2の分析結果に基づき、日本PCサービスグループにおいて特に優先して取り組むべき重要課題(戦略マテリアルイシュー)を特定

IoTマーケティングのサステナビリティ経営推進体制

当社では、サステナビリティの推進を強化するために、サステナビリティ委員会を設立し、執行役員を中心に構成されています。

サステナビリティ委員会では、当社のサステナビリティに関する方針や課題などを定期的に協議し、取締役会に報告します。また、グループ会社との連携もはかり、日本PCサービスグループ全体でサステナビリティを推進していきます。

IoTマーケティングの理念体系

目指すべきゴールと目標値